腸内環境とか免疫力とか活性酸素とか電磁波とかとかとか。

f:id:gaygolf:20170206220615j:image

この人の講演。人柄はあんまり好きなタイプじゃありませんでしたが、研究してることとか唱えてることは面白いです。過保護な環境が良くないというのは人ばかりでなく野菜だったり家畜の類にも言えることで、口にする食物自体の育った環境というか、そういうことも大切なのだと考えさせられました。

また癌やアレルギーに限らず様々な病気にストレスが大きく関わってるのは周知の事実なのでしょうが、「食べる」行為はストレスと密接に関係してるそうで。ストレスを抱えないために先生は嫌いな人とは食事取らないんですって(笑)。まあ、それができれば苦労しないですね。

軽くメモを取りながら話をきいてました。